韓国旅行での注意点

韓国に滞在する上の注意事項を記していきます。
ガイドブックに載っていることとダブるかもしれません
そうだとしたら,それぐらい気をつけるべきことと思ってください。


1つめは「大声で日本語を話さない」ことです。

今でも「日本語を話すな!」「日本に帰れ!」と罵声を浴びることが,
稀にとはいえあるようです。


2つめは箸とスプーン の使い方です。
韓国では、ごはんは普通、金属の器に入っています。
そして,この器をテーブルに置いたまま、
スプーン(韓国語でスッカラク)で食べます。

箸(チョッカラク)はキムチやカルビをつまむ時には使いますが,
汁物の具をつまむ時には使いません。

ちなみに、外国で生水を飲まない(飲めない)のは常識ですね。
韓国では基本的にミネラルウォーター、
または沸かして作ったお茶を冷やしたものが出ます。

最も日本と違うところは「トイレ」です。
韓国は日本と違い、紙をトイレで流しません。
新しい建物では改善されてきているとは思うのですが,
排水パイプが細いために詰まってしまうのです。

流すのではなく、備え付けのクズカゴに入れるのです
他にも車は右側通行・車優先です。
日本とは違い、歩行者優先ではないので道を渡る際は十分気をつけてください。
他にも沢山ありますが、最後に写真撮影の注意をご紹介します。
空港・港湾・海岸・橋・地下街・地下鉄構内・高い所から見下ろすような場所。
有事の際に攻撃目標や敵の上陸場所,
国民の避難場所になるような所では, 撮影禁止になっています。

最近はOKな場所も増えてきたので確実なのはやっぱり警察官・警備員・係員などに尋ねることですね。