韓国旅行における注意点

昨今、韓国側の政治家大統領などの暴挙により、日韓関係が冷え込んでいます。また、韓流ブームも完全に終焉となり、観光地としての魅了に欠けるようになった韓国旅行は、日本人であれば避けたほうが無難な旅行先となっています。これにはいくつか理由があり、まずは先述のように政治的な問題です。韓国側の政治家による軽挙妄動、暴挙が日本人に伝わらないはずがなく、日本人としてはなぜあえて自分たちを嫌っているところに旅行に行かなければならないのかという疑問が生じています。また、実際の問題として日本人が韓国旅行に行くと、現地で嫌がらせを受ける例が多発しています。それは日本人だからと馬鹿にしてきたり、あるいは土産物屋などでぼったくりにあったり、ある著名な登山家が韓国でタクシーに乗ったら日本人かと問われて、そうだと答えるとタクシー運転手がその場でタクシーを停車させ、降りてくれという指示をしてきたという話もあります。このように、韓国側にその問題の原因のほとんどがある以上、日本側からあえて彼の地に行かなければならない理由はなく、むしろ親日の国々は多く存在しており、たとえば東南アジアや台湾などがそうですが、こうした国々と友好を深めたりあるいは旅行をしに行く方が、楽しく観光を行うことができるのは自明の理です。観光に行ってまで嫌な思いをする必要は全くありませんし、韓国は観光地が思ったよりも少なく、あえて行かなければならないようなものがある国とは言えません。円安ドル高の影響もあって、海外旅行も費用がかさむ時代になっています。だからこそ、そのお金は有意義に使用することを考えなければいけません。韓国旅行で大金を支払ってしかも嫌な思いをして帰ってくるぐらいであれば、別の旅行先を考える方がより健全であると言えます。また、この地では日本人は特に蔑視される傾向にありますが、犯罪に巻き込まれる可能性も指摘されています。特に女性の旅行は非常に危険です。現地での性犯罪率は日本とは比較にならないほどであり、その他犯罪に巻き込まれる危険性も高いと指摘されています。犯罪も多く、観光地としての魅力もなく、しかも反日感情で凝り固まっているところにわざわざ行く必要は、ほとんどの日本人にとってないはずです。もし、それでも彼の地に行かなければならない場合には、現地には大使館があるので困った時には駆け込めるようにするのと、外務省の海外渡航情報にはしっかりと目を通しておくことが必要です。