青春の記録は恋愛や友情そして家族愛全てにおいて愛の溢れる作品!

青春の記録,感想 韓国ドラマの感想

「青春の記録」パク・ボゴムの入隊直前の作品としても話題になりました。

ここでは、愛溢れるドラマ「青春の記録」の感想を紹介します。

パク・ボゴムが最高です

ルックスはもちろんのこと、演技力でも高評価で知られているパク・ボゴム

今回の演技も最高でした。

喜怒哀楽、全ての演技において引き込まれました。

特に気に入っているワンシーン!

ボゴム(以下役名のヘジュン)が仕事で疲れきって、彼女の家のソファーに座ったまま、長い腕を広げて彼女に向かって「立てない」と甘えるシーンです。

彼女はしょうがないなぁという感で、ぎゅーっと抱きつき対応していました。

見ているこっちまで癒されると同時に羨ましさが( 笑 )本当に最高なシーンでした。

ボゴムの役どころが面白い

先ほども述べたように、ルックス・演技力において本当に完璧で高評価な彼。

その彼が新米俳優、モデルから一流の人気俳優になるまでの話です。

何もかもうまくいかなかった新人時代から、彼女に出会ってどんどんと変化していく彼の姿。

ドラマの中で俳優として最高な彼が、やっと視聴者から高評価を受けるところのシーンでは、やっと彼のスペックが開花されたところに一気に引き込まれました。

これがボゴムだ!と思わずなります。

しかし、そう思えるのも新米俳優役の前半の演技が本当に魅力もなく、モデルとしても友達より劣っているところをしっかりと表現していたからだ思います。

ドラマ中の変化に驚きました。

主演以外のキャストの演技力の高さと家族愛

主演はもちろんのこと、ヘジュンの家族、友人家族の演技、ストーリーも引き込まれて、感動して気づけば一緒に泣いてしまったシーンも多々ありました。

友人のジュノは、お金持ちの家庭に生まれたゆえの劣等感や母親に対する信頼など。

しかし、母は母で子供に対する100%の愛情を注いでおり、子供は子供でその愛を理解しつつも、自分の力で何か得たいという気持ちが観ていてとても辛く・・。

でもどこかあたたかい家族愛でした。

ジュノは最後まで本当に最高の友人で、真っ直ぐで、自分より目の前の誰かの苦しみに寄り添うという本当に温かい心を持った最高の男性役でした。

そしてなにより、ヘジュンの家族のストーリー。

家族全員が、それぞれ家族の誰かの為に必死に頑張って生きている姿にとても感動しました。

特に祖父と父の関係には何度も涙しました。

どこの家庭にでもあるような事が起きたり、でも何かあるごとに家族会議をして解決策を導いて、みんなで幸せの方向に向かうところには、家族の見本のような雰囲気さえ感じました。

最後は全員が全員の為に、という形になるところも最高でした。

自分のためより、誰かのための方が絶対に強く、優しく生きていけるんだなぁとこのドラマを通して思えるような家族愛でした。

最高メンバーのカメオ出演

このドラマの毎回の醍醐味が、カメオです。

パク・ソジュン、ヘリ(girls day)、イ・ソンギョン等、いろんな有名俳優がカメオ出演していました。

特に、パク・ソジュンは「梨泰院クラス」でボゴムが最後にカメオ出演したお返しに出演!

ヘリは「応答せよ!」の共演の仲!

カメオ出演している俳優たちのドラマを見たことある人にとってはたまらない演出でした。

題名とイメージ画像だけ見ると、ゴリゴリの恋愛ものかな?と思いましたが、結果的には本当に様々な愛に溢れている素晴らしい作品でした。

個人的には、「恋愛もハッピーエンドで二人のラブラブなところをもっと見たかった。」いう思いがありますが…

とにかく出演している俳優の演技力を感じるだけでも見る価値のある作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました