トッケビ~君がくれた愛しい日々~感想!恋する人に見てほしいドラマ

トッケビ,感想 韓国ドラマの感想

トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の感想をご紹介します。

トッケビ(コンユ)とトッケビの花嫁(キムゴウン)の物語!

トッケビは恋する人に見てほしいドラマ♡

では、トッケビの感想をみていきましょう。

 

トッケビのキャストについて

まずトッケビが誇るのは、このキャスト陣の凄さだと思います。

初めてみた韓国ドラマがトッケビだった私。

その時はわからなかったのですが、トッケビ役のコンユさんも死神役のイドンウクさんもウンタク役のキムゴウンさんも、韓流好きなら誰でもわかる超一流の俳優そして女優さんだったのですね。

そのため、演技力がとてもあり、涙するところの悲しみや笑うところの面白さは抜群で、感情の動かし方がとても緻密なドラマになっています。

トッケビのキャラクターについて

トッケビと死神は、元々あまり仲が良くなく、いつもいがみ合っていたの2人。

しかし、ひょんなことから同じ家で住むことになってしまいます。

トッケビと死神とウンタクが一緒に暮らす?

住み始めた当初もトッケビと死神は、やはり仲はまだ良くありませんでした。

しかし、ウンタクも一緒に暮らすようになり、2人の仲は徐々にマシになっていきます。

もちろん喧嘩もしますが、恋愛相談にのったりと今までの不仲が嘘のよう。

トッケビと死神とサニーの過去の関係は?

トッケビが人間だった頃は、本当にとても強い兵士でした。

トッケビの妹は、王の妃として嫁いでいました。

しかし、家臣の入れ知恵によって自分も妹も殺されてしまいます。

その影響で死ぬこともできず、長い間トッケビとして人間の姿で彷徨っていたのです。

トッケビとウンタクと死神の気になるシーンはココ!

また、その間接的な理由となった王の生まれ変わりが死神。

死神は自分が王の生まれ変わりですが、大罪人だったので記憶を消されてしまっていました。

しかし、ある事がきっかけで気がついてしまいとても悩みます。

悩むだけでなく、トッケビからの恨みをかってしまい、2人の仲はまた最悪の状態にまでなってしまいます。

気まずい2人とウンタク、3人の家でのシーンがとても印象的で見てほしいポイントです。

死神が恋した相手はサニー!

しかしそんな死神にも気になる人。

実はその相手が、トッケビの妹のサニーさんだったのです。

ここに来て世間が狭い!と突っ込んでしまいそうになります。

死神は、カフェの店長だったサニーさんと指輪をきっかけに仲良くなります。

いつしか自分の気持ちを伝えたくなっていた死神。

しかし、握手をした時に見たくないものを見てしまって。

意外と奥手で恋愛なれしていない死神。

トッケビだけでなく、恋に苦労している死神にもキュンとしてしまいます。

トッケビの最後について

トッケビのラストシーンは、涙なくしては見れませんでした。

自分の死を選んだ死神。

老衰したサニーさんと2人、仲良く手を取り合って天国へ上がっていくシーンがあります。

このシーンでトッケビと2人は目を見て別れを告げるのですが、涙が止まらなくなってしまいます。

 

また、ウンタクも死んでしまったドラマ『トッケビ』。

ウンタクの死を理解し、トッケビは自分も死ぬのではなく、ウンタクが生まれ変わることを信じます。

必ず自分の前に現れてくれるはずと、自分はまたトッケビとして彷徨い続けます。

その間のトッケビの気持ちを考えると、また涙が止まりません。

 

でも、やはり人気ドラマ。

視聴者が望んでいる事がわかるのか、きちんと伏線をはっていました。

死神とサニーさんは生まれ変わり、今度は人間として2人は惹かれあって行くのです。

そして再びトッケビと再開したのは、生まれ変わったウンタク。

本当に、最後のラストシーンは目が離せません。

涙が止まらない感動ドラマ『トッケビ』を絶対に見てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました